HOSHINCHU Times! HOSHINCHU Times!
“little star” Lavaの製造風景
NEW
2017.02.25



009_lava01
“iittle star” Lavaは、日本の九州にある、鹿児島の桜島の軽石を使用して創っています。
桜島は、約26,000年前に誕生し、面積約80km²、周囲約52kmで、17回の大噴火を繰り返してきました。2011年には噴火が996回を数え、観測至上最多記録になっとり、現在でも噴火を続けています。 そんな生きた火山を身近でみようと海外からの観光客も多く訪れているところです。
009_lava02
生きた大地の火山でできた軽石は、とても軽くそして真っ白で美しい大地の恵です。私たちはそんな大地の恵を、”little star”Lavaとして選びました。
資源も有限の素材なので、大切に1つずつ思いを込めて創っています。

そんな”little star” Lavaの生産風景を少しだけお見せいたします。
それは、山の中にある軽石の小さな工房で生産していて、大きな軽石の原石を鉈を使い手作業で小さくカットしていくことから始まります。
小さく切った軽石を今度は8cm位に丸めていき、その丸めた軽石を使用できるものとそうではないものを仕分けしていきます。
そして、一定の基準を通ったものだけに、ひとつずつ穴を開けていくのです。

その後、2、3日ほど乾燥機にかけていき、完全に乾燥し終わったあとに、穴の中に浮遊の原理となる磁石を埋めていくのです。
埋めた後は磨いていき、浮遊テストを行っていきます。もちろん一つずつ手作業で、丁寧に…
009_lava03

009_lava04

009_lava05

009_lava06

009_lava07

009_lava08

009_lava09

009_lava10

009_lava11

009_lava12

009_lava13

009_lava14
“little star” Lava には、そんな大地の恵と職人の思いがこもっています。
そんな”little star” Lavaを大切にしてもらえると私たちも嬉しいです。

“この星を、すこやかに、うつくしく。”


OPEN CLOSE
NEWSLETTER
最新情報を配信。登録は簡単。
下記のボタンを押して空メールを送ってください。